B

A

R​

BAR

​即今

茶室に現れるBAR

​茶道や日本文化にちなんだオリジナルカクテルをご用意

是非、ここでしか味わえないオリジナルカクテルを

​お楽しみください

​コースの方は、席料1,000円/人でご利用いただけます

​バー利用のみをご希望のお客様は、当店へご連絡ください

03-6427-7787 

遅櫻

(抹茶カシス)

カシスとレモンのさっぱりした味わいと、

薄茶の香りが調和したロングカクテルです。

茶入「遅櫻」は、足利義政が天下三肩衝のひとつ「初花」よりもすばらしいと褒め称えた、『金葉集』の和歌から

名付けました。 

<原文>

「夏山の 青葉まじりの遅桜 初花よりもめづらしきかな」

薄茶だけでもおいしいですが、

夏らしい酸味のあるカシスとレモンの清涼感漂う

カクテルに仕立てました。

燕子花(かきつばた)

サトウキビを原料にした蒸溜酒「カシャーサ」と「柿リキュール」をベースにソーダアップした下層に「キーライム」を燕子花の葉に見立てて浮かべ、「ツェラー・シュバルツェ・カッツ」という黒猫のラベルで有名な白ワインと「バタフライピー」というハーブテイー、ハーブの「タイム」から作った美しい青紫色の液体を浮かべ、その色あいから『燕子花』を表現しました。その上に、光琳の金屏風をイメージして金箔を散りばめています。
仄かな甘味と酸味+ハーブの清涼感を感じながら飲み進んでいくと、柔らかくも野趣溢れる複雑な味わいが口いっぱいに拡がります。

新田

「奇跡」の花言葉を持つ、

「青い薔薇」をイメージした、

マティーニ風カクテルです。
バラの香りのする青色のカクテルに、

トニックウォーターを注ぐと、ある変化が起きます。

初花

肩衝茶入「初花」は、天下三肩衝の一つに数えられ、

新田肩衝に次いで「天下二」とされていました。

もともと、中国では楊貴妃の油壺であったとも言われ、

足利義政が「初花」の名を付けたと言われます。

その名の由来は、初咲きの梅の花にちなんだ、とも、

古今和歌集にちなんだとも言われています。

<原文>

紅の初花染めの色深く思ひし心われ忘れめや(古今和歌集)

 

カクテル「初花」では、桜の香りの元と言われるクマリンを

漬け込んだウォッカをベースに、初花染めに使われる紅花の

ハーブティーや、楊貴妃が好んだというライチリキュールで

味を調え、グラスの中の紅のグラデーションで初花染めを

表現しました。

another

​それぞれのカクテルに由来がございますので

スタッフにお尋ねください。

Whats new​

20/9 ぐるなびdressingに紹介されました

南青山 即今 03-6427-7787 (ご予約) お気軽にご連絡ください